人気・実績No1
LOVE
LOVEのバナー
料金システム:登録無料

大人の出会い、割り切った関係を希望する女性に支持されている人気のサイト!もちろん登録無料です☆
地域を絞って相手を検索できるので、ご近所での不倫や密会をご希望の方に強くオススメします♪

驚愕の男女比4:6!
愛カツ
愛カツのバナー
料金システム:登録無料

即会い希望の主婦も多く、会員数急増中の注目サイトがコチラ!男女のバランスもよく、出会いやすい環境バッチリ♪
写メで好みの相手を選んだら早速アプローチ!女性ユーザーが多いため、男性のお誘いお待ちしています☆

清楚系のスレンダー人妻さんと不倫することになった件

この記事の所要時間: 423

私が不倫をしたきっかけは、妻の態度に耐えかねたことです。私が外で働いている最中に、友達と遊んだりして、ろくに家事もしない。遅くなるから今日は外で食べてきてなどと言い出す。そうして帰ってくると「あー疲れた」などと言って、そのまま眠り、喧嘩になれば「私だって大変なんだから」「家事だって大変なんだから」などと言う。

確かに家事も大変な仕事かもしれません。しかし掃除も料理も特にしない人間が、家事が大変なんて言ってもまるで説得力がないですよね。最初はあまり気にしないように頑張っていましたが、その状態が1年、2年と続くと、さすがに嫌気が差してきます。疲れているからと性交渉を断られることも増え、なんのために一緒にいるのか、私にはわからなくなってしまいました。

そんなときに不倫サイトのことをふと思い出したのです。学生時代には、不倫サイトで恋人やセフレなんかをよく探したものですが、結婚してからは一切使っていませんでした。私は妻ともあまり会話しなくなっていたので、話し相手を求めて、不倫サイトを使い始めたのです。

そうしてプロフィール検索などで既婚者を検索してみると、意外にも多くの人妻さんが登録していることに驚きました。その中には、私と同じように、パートナーとの関係が冷え切っているような方もいて、自分だけじゃないんだと励みになったのを覚えています。

出会い系を遣い始めてから1週間ほど、プロフィールを眺めたり、メールを送ってみたりしながら遊んでいたのですが、ひとり、特に仲良くなった女性がいました。それが後に私の不倫相手となるAさんです。

Aさんは30代の方で、旦那さんがいつも遊び歩いて、時には朝帰りをすることなどに不満を抱き、不倫サイトに登録したようでした。私たちは何度かメールを交わし、愚痴を言ったり聞いてもらったりしながら親交を深め、知り合ってから2ヵ月後くらいに、相談して、一度会ってみることを決めたのです。

喫茶店や映画館、バーを訪れ……

不倫デート
彼女と会ったのは土曜の昼でした。彼女の顔はプロフィール画像で知っていましたが、実物を見ると思っていた以上に可愛らしかったですね。あまり詳しく書くとばれてしまいますので、ざっくりと言いますと、清楚系で、優しげな方です。身長はそこそこ高くて、ほっそりとしています。すっぴんではないでしょうが、化粧が薄く、それでも十分に美人といえる顔立ちで、明るい色のロングスカートが非常に似合っておりました。

私たちは特にどこへ行くなどプランは特に決めていなかったのですが、そのデートをした土地には大きなショッピングモールがありまして、そこで食事をしたり映画を見たりすることが可能です。すこし行けば大きな神社もありますので、そこで散歩をすることもできます。とりあえず会ってみて、何をするかはそのとき決めるという約束だったんですね。

私たちはその建物の中に入り、まずは喫茶店に行きました。そこでは普段どのようなことをして過ごしているのかとか、過去にした恋愛とかいった話題で盛り上がりましたね。私喫茶店で1時間ほど話したあと、なんとなく映画館に入り、とあるヒーロー物の映画を観て、それからモール内にあるバーに入りました。そこでお酒を飲みながら、また夫婦のことや、結婚のことや、あるいは先ほど観た映画のことなんかを話します。

酔っ払ってくると、不思議なもので、エッチな気分になるんですよね。それまではセックスしてやろうなんてつもりは毛頭なかったのですが、酒が入ると、どうにかしてこの子をホテルに連れ込みたいという衝動がこみ上げてくるのです。

向こうがどう思っているのかはわかりませんでしたが、これまでのデートが、恋人との時間のように楽しかったのは、おそらく彼女も感じていることでしょう。私はどきどきしながら、どのように彼女を誘うか、考えました。結局答えが出ぬまま、夜七時すぎに、私たちはバーを出たのです。

ついに一線を越える

不倫セックス
店から駅までは歩いてすぐです。しかし、私も、おそらく彼女も、なんとなく帰りたくない気分だったのです。足取りは重く、すぐ近くの駅に行くのに何分かかるんだ、というくらいのペースで私たちは歩いておりました。これはもしかするといけるんじゃないか。そう思って私は「なんか帰りたくないですね」と言ってみたのです。すると彼女は「うん……」と控えめに言います。これは脈ありだろう。私はすかさず「ちょっと休憩していきませんか」と訊いてみました。

すると彼女は顔をうつむかせたまま、かすかに頷いて、私に一歩近寄ってきたのです。さすがに手を繋いで歩くわけにもいかないので、私たちはそのまま近からず遠からずの距離で道を行って、ラブホテルに入ったのでした。

服を脱がしてみると、Aさんは、スタイルに気を遣っているのでしょうか、余計な肉がぜんぜんついていません。お尻も引き締まっていていい感じです。時間はそんなにありませんでしたが、一緒にお風呂に入って、セックスをして、と、濃密な時間を過ごせました。私も彼女もセックスが久々だったので、狂ったように求め合い、感じ合いましたね。

今でもAさんとは関係が続いていますが、これからもどうにかお付き合いを続けていきたいと思っています。

公開日:2016年5月27日

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ