人気・実績No1
LOVE
LOVEのバナー
料金システム:登録無料

大人の出会い、割り切った関係を希望する女性に支持されている人気のサイト!もちろん登録無料です☆
地域を絞って相手を検索できるので、ご近所での不倫や密会をご希望の方に強くオススメします♪

驚愕の男女比4:6!
愛カツ
愛カツのバナー
料金システム:登録無料

即会い希望の主婦も多く、会員数急増中の注目サイトがコチラ!男女のバランスもよく、出会いやすい環境バッチリ♪
写メで好みの相手を選んだら早速アプローチ!女性ユーザーが多いため、男性のお誘いお待ちしています☆

不倫を叩くのは正解?不倫発覚した有名人やそのきっかけについて

この記事の所要時間: 421

最近は芸能人の結婚の話題がたびたび取り沙汰されますが、不倫や離婚といった話題も多いですよね。本来、不倫だとか離婚といったことは、当人同士が解決すべきことですが、こと芸能人になると、テレビの視聴者などが一斉に彼ら彼女らを叩きます。それは間違っているという声もありますが、私はそうは思いません。そういう非倫理的なことをした人が容易に復活できる社会。私はそっちのほうがよっぽどおかしいし、おぞましいと思いますね。

過去に不倫をした人物が、深く反省して、今はテレビで活躍しているような例はあります。不倫した芸能人を叩く人は、何もその全員が、不倫した人物の復活さえも拒絶しているわけではないのです。今は黙っとけよという感じなのです。不倫というのは、そういった社会的制裁を受けることを含め、覚悟をもって臨むべきもの。ばれたとたんに弱気になって、私そんなに悪くないでしょう、許してくれてもいいじゃない、なんて言い出すような人間が手を出すべき代物ではないのです。

不倫を外から知った側、つまり第三者は、不倫をした当人に当然その覚悟があるものと思って接しますので、厳しい態度を取ります。怒りますし、叱りますし、嫌悪感を催しますし、軽蔑します。それは教養ある人間の心理的機能として当然のことであります。

おそらくですが、不倫した人物を犯罪者のように実名報道したら、不倫した芸能人と同じくらいの批判を、彼もしくは彼女は受けることになるでしょう。社会というのはそういう仕組みで動いているのであって、不倫したのが芸能人だから叩くとか、そういうことではないんです。

芸能人は、その人物が広く世間に知れ渡っているからこそ、その行為に対する批判が噴出し、それが目立つだけであって、不倫はダメ、許さない、という思想は今の社会に通底しているといってよいでしょう。不倫した人物を徹底的に、積極的に叩くというのは、正解とは言えませんが、社会の仕組み上、仕方のない面もあるうえ、不倫した人がそれについて他人にとやかく言われる筋合いはないという理屈を持ち出すのと同じように、とやかく言うほうもそれについて文句を言われる筋合いはないのです。

不倫サイトで不倫相手を探そうとしている方は、まずこの厳しい社会の現状を知っておくべきでしょう。うちの妻は気が弱いからとか、うちの旦那は私にぞっこんだからとか、自分は大丈夫などといった考えは捨てることです。そのうえで覚悟をもって、会社をクビになり数百万の慰謝料を請求され親に勘当されてもいいというのであれば、どうぞ不倫をなさってください。

不倫で話題になった有名人

不倫 有名人
不倫で話題になった芸能人はたくさんいます。すこし前は陣内智則さんの不倫が話題になりましたね。しかし彼は反省期間を経て、今は芸能界に復帰しています。他にも矢口真里さんや、ベッキーさんなども話題になりました。直近では、とにかく明るい安村さんが、ホテルデートをしていたことが報道されましたね。安村さんはそれを不倫ではないと弁解し、奥さんとも和解しているようですが、今後芸能活動はどうなるのか、どうしていくのか、不明瞭な部分が多いです。

不倫した芸能人は、ここには書ききれないほどたくさんいます。山本モナさんなんかは不倫の代名詞みたいに言われることもありましたね。それら芸能人の不倫の多くは、不倫の現場を週刊誌にスクープされたことで発覚しますが、矢口真里さんの不倫発覚は他の芸能人とはちょっと違って、凄絶なものがありますね。

なぜ不倫がバレたのか?

矢口さんの不倫がばれたのは、不倫相手と家にいたときに、旦那さんが自宅に帰ってきたからです。旦那さんが外出したのを確認し、当時不倫相手だった男を家に連れ込んだ矢口さん。寝室で不倫相手とセックスをして、その後酒盛りをしたあと、裸のまま眠ってしまったそうです。

そこへ突如帰宅した旦那さん。彼は最初扉にチェーンがかかっていることを不思議に思ったそうです。矢口さんは焦って、裸のまま出て行ってしまったのだとか。その際不倫相手はどこかに隠れていたそうですが、逃げおおせられるわけもなく。不倫発覚となりました。旦那さんはその場で証拠の写真を撮って、その後離婚という流れになったのです。

このことが「週間女性」にスクープされたのは、あるタレントのリークがあったからとされています。しかし不倫がばれたその経緯は、素人のそれにもよく見られるパターンと言えるでしょう。私の不倫は絶対にばれないという慢心が仇となったのです。

素人の、不倫された、あるいはしたという体験談を見ていても、家に連れ込んだ際にパートナーが帰ってきたというパターンはよくあります。万引きの常習犯の手口が次第に大胆になっていくように、不倫のやり方も回を重ねるごとに大胆になっていくようです。不倫を勧めるわけではありませんけれども、これから不倫をしようと思っている方は、その点注意したほうがいいでしょう。

もっとも不倫なんてものは探偵や興信所を使えば数日で尻尾をつかめるんですけどね。何度も言いますが、不倫しようと思うなら、すべて失ってもいいという覚悟を持つこと。自分が不倫しないか心配なら、結婚は諦めるべきでしょう。

不倫という行為について カテゴリ内の関連ページ

公開日:2016年4月18日

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ