人気・実績No1
LOVE
LOVEのバナー
料金システム:登録無料

大人の出会い、割り切った関係を希望する女性に支持されている人気のサイト!もちろん登録無料です☆
地域を絞って相手を検索できるので、ご近所での不倫や密会をご希望の方に強くオススメします♪

驚愕の男女比4:6!
愛カツ
愛カツのバナー
料金システム:登録無料

即会い希望の主婦も多く、会員数急増中の注目サイトがコチラ!男女のバランスもよく、出会いやすい環境バッチリ♪
写メで好みの相手を選んだら早速アプローチ!女性ユーザーが多いため、男性のお誘いお待ちしています☆

不倫で本気になるのは危険?不倫相手と本当の夫婦になれるのか

この記事の所要時間: 423

不倫が本気になることも?

不倫と恋愛
ほんのちょっとした息抜きのつもりが、相手のことを本気で好きになってしまう。不倫をする以上、その可能性は誰にでもあります。多くの場合、家庭への不満や、自分がいかに冷ややかな接し方をされているかという点で一致し、互いに、自分ならあなたをそんなふうにしないと思ったり言ったりすることで、いつしかそれが本気の恋心となるのです。

お互いに結婚している身でありますから、普通であれば、互いの立場を理解して、家庭を壊さぬように不倫を続けていくものですが、中には、今のパートナーと別れて、不倫相手と一緒になろうとする人もいます。それは未婚の相手と不倫をしていた場合にも同じことです。多くの既婚者は、離婚をせずに関係を続けていこうとしますが、本気で今の不倫相手と結婚しようと考える人もいるのです。

離婚をするとなれば、当然失うものは大きいといえます。それにも関わらず、なぜ不倫相手のことをそれほど愛してしまうのか。それは二人が「結ばれない運命にある」ということに理由があるのです。ロミオとジュリエットなんかもそうですが、立場や身分の違いによって、その人と結ばれることが不可能であるとわかったとき、人間はそのことへの怒り、強烈な不満を感じます。その反動により愛が増幅してしまうわけですね。

おそらく冷静になってみれば、独身同士で付き合いをすれば、そこまで本気になるような、人生を捨ててでも一緒になりたいと思えるような人ではないことのほうが多いでしょう。しかし不倫の真っ只中にあると、そういうことを冷静に考えられないんですね。

この記事を読まれているあなたは、今、不倫相手と一緒になることを考えているのだと思います。しかしそれは若者の恋によく見られるような、一時の強い感情によるものかもしれません。不倫相手と一緒になれば必ず幸せになれるというものでもありませんし、実際にそうして失敗した人の体験談は無数に転がっています。一度冷静になって、今の状況や、将来のこと、自分の気持ちを見つめなおしたほうがよいでしょう。決断するのはそれからでも遅くありません。

不倫から本当の夫婦になれるのか?

不倫から夫婦
そもそも、不倫関係から本物の夫婦になるなんてことが、果たして可能なのでしょうか。私にはその点、疑問に思えてなりません。なぜなら、相手も、自分自身も、不倫をする人間であることをすでに知っているからです。私だったら、たとえば恋人がいるときに別の女性と浮気して、その浮気相手と本気で恋人として付き合うとしたら、と考えたとき、「あいつ俺と一緒になったらなったで他の男と浮気しそうだな」と思いますよ。だって恋人のいる男性と平気でデートをする、セックスをする女なのですから。

それが不倫となると、この疑いはさらに強くなります。普通、不倫に踏み切るには相当の勇気が要ったはずです。なぜなら、それがばれると数百万の慰謝料を取られますし、親類から見放される可能性もありますし、会社をクビになる可能性だってあるのですから。それがあるので普通は近づかないはずです。しかしあなたと彼女は関係を持った。今は本気であるとはいえ、純粋な恋愛的感情からではなく、きっかけは性的欲求を満たすためであったはずです。

結婚しているのに体の関係を持ってしまった時点で、それは純な関係性ではありません。性欲を満たすという大前提があって、二人は近づいたはずなのです。そうなると、不倫をする=罰を受ける=不倫は悪いこと、というのを知っていながら、パートナー以外の異性と平気で関係を持つわけですよね。そんな相手と結婚して、果たしてうまくいくでしょうか。

おそらくあなたは、絶対にうまくいくと今は信じているでしょう。しかし、その不倫相手といざ結婚して、たとえばある夜、相手が家に帰ってこなかったり、なぜか連絡がつかなかったり、彼女が友達と旅行に出かけたりしたときに、それが不倫ではないと心から信ずることができるでしょうか。

「ごめん飲み会が長引いちゃって」とか「携帯の電源切ってた」とか、口ではなんとでも言えます。おそらくそれらのことは、あなたもまた、自分のパートナーを騙す言い訳として使っているはずです。不倫から結婚した相手が、そういうことを言ってきたときに、あなたは信用することができるでしょうか。

また、たとえば出張に行くときなどに、安心して家をあけられるでしょうか。彼女はあなたと不倫をしていたときと同じように、自分の家の寝室に男を連れ込んで夫婦のベッドでセックスをしているかもしれません。もちろんその逆もあります。「出張」と言って出かけた夫が、実は女の家に転がり込んでいて、朝から晩までセックスしているかもしれません。

このように、不倫を経由して一緒になった夫婦というのは、些細なことが相手を疑う理由となりうるので、うまくいかない可能性が高いのです。それにもともと結婚という契約を交わしながら、それを守ることのできないだらしない人間なので、夫婦としての生活も、あらゆる面で怠惰でいい加減なものとなる可能性は高いですね。

やはり不倫はちょっとした火遊び程度にとどめておいたほうが身のためです。もっとも、パートナーと別れる前に不倫がばれると、地獄を見ますけれどね。

不倫という行為について カテゴリ内の関連ページ

公開日:2016年6月13日

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ